旅行先で友達と仲良くするために

全て一緒の行程である必要は無い

友達と旅行に行くと、旅行の全ての日程において一緒に行動しなければならないと思い込んでいる人が少なくありません。友人といっても所詮は赤の他人ですので、行きたい所が違えばそれぞれが単独行動を取る事も自由な選択肢となります。自分が旅行先で訪れたい場所に友人が行きたくないと言ったら、自分だけで行動する事も旅を楽しむための重要な決断です。相手に無理に合わせて疲れてしまうよりも、お互いに遠慮せずに楽しんだ方が良い旅行になります。もちろん、一緒に遊びに行きたい場所を事前にガイドブックなどで確認しておく事で、行動を共にする事も可能です。

お互いの生活リズムを尊重することが大切

友人と旅行に出かけた場合、寝る時間や起きる時間などは人によって異なります。自分はもう少し眠っていたいにも関わらず、友人に無理やり起こされて朝をスタートさせられては楽しく旅行をする事ができなくなってしまいます。人間にはそれぞれ生活のリズムがあり、睡眠だけでなく食事をとる時間やお風呂に入る時間も人により変化します。旅行中に相手の都合を無視して自分のペースに合わせようとしてしまうと、旅館で友人と喧嘩をしてしまう等、これ以上旅行を楽しむ事のできる空気ではなくなってしまいます。楽しく旅行をするなら、寝る時間や起きる時間は事前に相談しておくことが大切です。